カテゴリー: 未分類

  • 中古品購入のメリット

    中古品でコピー機を購入するメリットについて、先述したように新品よりも格安で導入することができる点、会社の所有物になる点があげられます。その他にも、初期費用としてリース契約するよりは高くなってしまいますが、その後使用する際には、トナーやインク等の消耗品のみが必要となりますので、ランニングコストだけを考えればよいという点もメリットと言えるでしょう。 また、買い替えたいと思った時に買い替えることができるという点においては、下取りに出すこともできますので、会社に所有権があることがメリットになります。 コピー機の導入は、安くない費用が出てしまいますので、目先のことだけで選択するのではなく、その後にかかってくるランニングコストを含めて、総合的にどの方法がいいかを考える必要があります。ポイントがどこかを考え、自社に最適な方法での導入方法を選択するようにしてください。 オフィス機器は、パソコン等を利用する限り、仕事をする上で欠かせないものとなっています。自社に必要なスペックや印刷スピードを考え、どの商品を購入するかきちんと考えるようにしましょう。導入後にすぐこれを選択したのは失敗だったと思わない為にも、後悔しない選択をするようにしてください。

  • 安く導入を考えるなら

    会社を立ち上げる際には、オフィス機器だけではなく、物件の賃貸費用やオフィスの家具、内装等、様々な面々で高額な費用が必要になりますので、コピー機の導入については安く抑えたいものです。 そこで中古コピー機により安く導入することをお勧めします。中古品と聞くとイメージが良くないかもしれませんが、現代では頻繁に買い替えることも多くなっており、場合によっては最新機種に近い機能を持つ商品であっても、中古品で格安で出回っていることも多々あります。 新品を購入する経済力がないという会社でも、中古コピー機であれば手を出すことができることもあり、中古品でお得に安く購入された方も多くおられます。現在どうしようか悩まれているのであれば、この機会にぜひ一度、中古コピー機での導入を検討してみてはいかがでしょうか。 会社を起業する際には、オフィスの手続きのみならず、会社の登記や役所での手続き等、しなければいけない書類作成等に追われてしまいます。オフィス機器の為に費用も労力も費やす余裕がないのであれば、専門サイトで簡単見積りをとり、中古コピー機を賢く導入されることが便利でお得ですのでお勧めです。業者に希望や条件を提示して相談されると良いでしょう。

  • 中古コピー機の導入

    オフィス機器の中で、コピー機の導入を検討されている方に、大きく3つの導入方法があり、それぞれメリットやデメリットが異なりますので紹介したいと思います。新品購入しての導入、リース契約での導入、中古品購入での導入方法が一般的とされています。新品購入する場合には、初期費用が最も高額で、複数台導入する必要がある場合には百万円を超える可能性がありますが、メリットとしては、会社の所有物になり、好きな時に買い替えができ、買取りもしてもらうことができます。   リース契約とは、リース会社がコピー機メーカーと購入したい会社との間に入って仲介役となってサポートする仕組みです。リース会社が代理購入をして、長期契約をして借りるというシステムですので、初期費用はほぼゼロになりますが、長期的にみると手数料や保守費用がかかる為に、支払い総額で考えると割高になる可能性があります。また、会社の所有物ではなく、リース会社があくまで所有権を持ちますので、自由に買い替えや買取りをすることはできません。途中で解約ができないこともデメリットとなります。   中古コピー機を導入するという方法の場合、新品で購入するよりも導入しやすい方法としてお勧めです。また会社の所有物となりますので、自由に扱うことができる点でもメリットになります。ここではコピー機や複合機の導入方法として、中古品の購入について説明したいと思います。これから導入される際に参考にしていただければと思います。